マンガ「衆楽苑」1巻をスマホで読んだ感想。



衆楽苑

▼ 文字クリックでDMM電子書籍に飛びます ▼

衆楽苑

DMM電子書籍で「衆楽苑」をコピペして検索!

 

 

ネタバレあらすじ無料漫画村zipまんがタウン考察ネタバラシ完全マンガ漫画喫茶

DMM電子書籍は「DMM.com」のサービスです。



色々な公式電子書籍サイトがありますが、新作がでるのが早いし、



取り扱っているタイトルが豊富DMM電子書籍を僕はオススメしています。





DMM電子書籍で無料試し読みする方法





こちらから、DMM電子書籍に飛び、



タブが「電子書籍トップ」になってることを確認し、画面右上の「虫眼鏡」アイコンをクリックしてください。



タブが「電子書籍トップ」になってないと一般漫画が検索に引っかかりません。











キーワード検索で、読みたいマンガのタイトルを検索してください。









ランキングや新着・話題の作品から、チェックするのもアリです。











無料試し読みは表紙をクリックするだけ。



これだけで安全に、DMM電子書籍で無料で立ち読みができるので簡単です。



員登録しなくても、試し読みが可能なので、じっくり品定めをしてください。








読みたい作品があったら即DMM電子書籍に登録!





なんといっても個人情報の入力が不要というのがDMMの一番の魅力。



登録はメールアドレスとパスワードだけ



ここからは、「DMMアカウント登録」の手順を書いていきますね。



まずは、DMM電子書籍にアクセスを。





DMMアカウント登録方法















メールアドレスで登録を行う







空メール、またはメールアドレスを直接入力して送信してください。




会員登録は無料ですので、ご安心を。













登録したメールアドレスに送信される「DMM:会員登録認証メール」を確認





さきほど登録したメールアドレスに「DMM:会員登録認証」というメールが届きます。







そのメールに記載されているリンクをクリックしてください。



これだけで会員登録は完了です。








見たい作品だけ購入しよう!





DMM電子書籍のいいところは、月額会員制・強制ポイント購入が一切ないことです。



また、クレジットカードで購入しても、



明細にはデイーエムエムしか表示されないので、



何を買ったか人に見られても安心。



つまり、自分の見たい作品を思う存分こっそりと楽しめるわけです。




さらに!DMM電子書籍では定期的に、50%OFFクーポン配布や、お得なキャンペーンをしてます












この特典をうまく活用して、お好きなマンガをぜひ読んでくださいね。






>>DMM電子書籍はこちら





 

作品内容(ストーリー)

 

衆楽苑

▼ 文字クリックでDMM電子書籍に飛びます ▼

衆楽苑

DMM電子書籍で「衆楽苑」をコピペして検索!

 

 

 

 

 

昭和の時代、上野駅は北の国から東京へ来る人々たちの玄関だった。

 

多くの人々が夢を追い、この駅へ降り立った。

 

そんな上野駅横で昭和3年に創業した大衆食堂「衆楽苑」。

 

創業以来、たくさんの人に愛され続けているのは、和・洋・中、なんでも美味しいメニューを揃えていることもさることながら、

 

そこに働く人の温かさにもあるようだ。

 

今日も人々は様々な想いを胸に衆楽苑を訪れる…。

 

夢を追い、東京へ出て来た長田と鮎川。

 

衆楽苑で食事をした二人は景気づけにとウェイトレスのおばさんから餃子をごちそうしてもらう。

 

2人は3年後にここで再会する事を約束し、おばさんにそれを告げてそれぞれの道を歩き始めるが…。

 

その他、家族を嫌悪し、東京に出て一人暮らしをしていた若者が体を病んではじめて気づく母親の愛情「赤い爪」、頻繁に店を訪れ昔話をする老人。

 

だが、彼の本当の歴史とは…「歴史」、ある石屋がテレビで紹介された事で昔の仲間から連絡を受けるが、

 

それは終戦直後の彼の許し難い経験を思い起こさせるものだった…「雑炊」など。

 

人々が様々な想いを胸に上野駅に降り立った昭和の時代、その上野駅横にある大衆食堂「衆楽苑」で交錯する人間模様を、

 

小山田いくが丁寧に綴るハートウォーミングヒューマンドラマの決定版!

 

小山田いく先生の当時の単行本コメント

 

『東北・上信越に住む人にとって、上野駅は特別な駅です。

 

上野駅はそれ自体が、故郷と都会をつなぐ大きな待合室なのです。

 

故郷から都会へ、都会から故郷へ、気持ちを切り替えるための、待合室なのです。

 

そんな、様々な心の交錯する上野駅のような食堂を、描きたいと思っています。』

 

 

 

 

感想

 

衆楽苑

▼ 文字クリックでDMM電子書籍に飛びます ▼

衆楽苑

DMM電子書籍で「衆楽苑」をコピペして検索!

 

 

 

小山田いく先生のマンガ「衆楽苑」は、昭和に生まれた上野駅の近くにある大衆食堂の衆楽苑を舞台にした

 

さまざまな人間模様が交差するストーリーとなっています。

 

衆楽苑を舞台にし、そこに集うお客の人生ドラマを描いた作品となっており、オムニバスのように一話読み切りとなっています。

 

 

 

衆楽苑

▼ 文字クリックでDMM電子書籍に飛びます ▼

衆楽苑

DMM電子書籍で「衆楽苑」をコピペして検索!

 

 

 

昭和初期に家が嫌で就職を理由に田舎を飛び出して東京の印刷工場で働く青年が誰でも気軽に立ち寄ることが出来る衆楽苑で、

 

お金がないため安い親子丼を食べようとしているときに胃潰瘍が悪化して倒れてしまい、

 

そこから仕事を辞めて実家に帰ることになるのかを悩んでいるときに母親が上京し、

 

衆楽苑で母親が親子丼が好きだったことを初めて知るなど、大きな事件などが起きる訳ではありませんが、

 

ありふれた日常や悩みなどを抱えている人々のストーリーが描かれており、小さな感動を覚えることが出来るストーリーとなっています。

 

 

 

 

衆楽苑

▼ 文字クリックでDMM電子書籍に飛びます ▼

衆楽苑

DMM電子書籍で「衆楽苑」をコピペして検索!

 

 

 

東京に出てきた人の玄関口でもある上野駅ならではのストーリーや夢を追った人々の挫折など、

 

何か考えさせられるものがある漫画でした。(^^)

 

DMM電子書籍は、登録してなくても安全に無料立ち読みできるので読んでみてください♪

 

 

衆楽苑

▼ 文字クリックでDMM電子書籍に飛びます ▼

衆楽苑

DMM電子書籍で「衆楽苑」をコピペして検索!

 

 

Ciao( ¯ω¯ )♪

 

 

 

DMM.com