マンガ「毒贄クッキング」1巻をスマホで無料で読んだ感想。



 

毒贄クッキング

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

毒贄クッキング

コミックシーモアで「どくにえクッキング」をコピペして検索!

 

 

 

コミックシーモアとは、今話題のスマホやPCで漫画が登録しなくても無料試し読みができる公式電子書籍サイトです。

色々な公式電子書籍サイトがありますが、新作がでるのが早いし、

取り扱っているタイトルが多めコミックシーモアを篠太郎はオススメしてます。(╹◡╹)

 

コミックシーモアで無料試し読みする方法

 

※赤枠内に見たい作品のタイトル or 作者名を入力後、虫眼鏡マークを押してください。

 

 

これだけで安全に、コミックシーモアで無料で立ち読みができちゃいます。

漫画村や無料アップサイト、ドロップブックス、zip等無料で読めるとかありますが、

あそこで読んでしまうと知らぬ間にスマホの情報が抜き取られたり、

パソコンがウイルスに侵される可能性があります。

実際、僕の知り合いはウイルス除去のために15,000円以上の修理代を出さないといけないケースに陥りました。

ウイルスだけならいいのですが、スマホやパソコンの中にある、

大事なデータが流出してしまったりする可能性もあるので注意が必要です。

 

 

コミックシーモアの登録方法

 

手軽に登録できちゃう、コミックシーモア。スマホでの登録のやり方を書いていきます!

まずは、コミックシーモアにアクセスしてください。 
 
 すでに会員の方はこちらからコミックシーモアへ>>

 

 

会員登録のボタンをクリック

 

 

 

メールアドレスで登録を行う

 

 

※会員登録は無料ですので、安心してください。

 

 

登録したメールアドレスに送信される「コミックシーモア登録案内メール」を確認

 

メールアドレスを入力して「登録用メールを受信」をクリックしたら、

その登録したメールアドレスに「コミックシーモア登録案内メール」というメールが届きます。

 

 

そのメールに記載されているリンクをクリックしてください。

 

 

個人情報の入力

 

 

生年月日、性別、パスワード、ニックネームを入力してください。

最後に改めて個人情報を確認して、会員登録は完了です。

 

 

読みたい漫画だけ、クーポンを使ってお得に購入をしよう!

 

 

 

 

コミックシーモアでは、新規登録をした場合、すぐに50%OFFクーポンがもらえますので、実質すべての本が半額で購入できます。

 

さらに定期的に、お得な一冊分全額返金や50%OFFクーポンも配信されるので、

 

この特典をうまく活用して、お好きなマンガをぜひ読んでくださいね。

 

>>コミックシーモアはこちら

 

 

作品内容(ストーリー)

 

1巻

 

毒贄クッキング

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

毒贄クッキング

コミックシーモアで「どくにえクッキング」をコピペして検索!

 

 

 

美女エルフが恐怖の魔物に襲われて…!?

 

斬新な世界観で挑む、生贄グルメファンタジー!!

 

 

 

感想

 

毒贄クッキング

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

毒贄クッキング

コミックシーモアで「どくにえクッキング」をコピペして検索!

 

 

 

 

おっといきなり触手ものか!?\(^o^)/

 

…ってなんじゃこりゃ。自分の足漬け込んだ酒を自分で飲むってレベル高すぎですね。

 

 

 

毒贄クッキング

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

毒贄クッキング

コミックシーモアで「どくにえクッキング」をコピペして検索!

 

 

 

「そらのおとしもの」で有名な水無月先生の新作、相変らず主人公の図太さが面白い!

 

やってる事は明らかにおかしいのに、この人ならおかしくないって思える図太さが楽しいです。(^^)

 

僕の友人が一度、水無月先生のアシスタントに行ってみたようですが、

 

超怖いらしいですね。プロ意識が高く、ピリピリした職場だったそうです。

 

こんだけ新連載を持てる作家さんだからこそ、プロで食べていけるのかもしれませんね。

 

 

 

毒贄クッキング

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

毒贄クッキング

コミックシーモアで「どくにえクッキング」をコピペして検索!

 

 

 

とある異世界で、伸びない酒造業の借金のカタ代わりに、

 

伝説の魔物に狙われた村人達によって魔物への生贄に選ばれてしまった、村で唯一の生娘エルフ・ペポパ。

 

借金の返済もあり、やむなくその胃袋に収まる覚悟を決めた彼女でしたが、

 

彼女の予想外の「キャラの強さ」によって食べられず吐き出される事に。笑

 

特産の毒銀杏を足で踏んで醸成する職業上の理由から、

 

彼女の足は伝説の魔物が吐き出すレベルで強烈に臭かったのです。笑

 

ここにどうしても自分を食べて欲しいエルフと、絶対食べたくない魔物の不毛な料理勝負が始まる。

 

面白いのでおすすめです!(^^)

 

コミックシーモアは、登録してなくても安全に無料立ち読みできるので読んでみてください♪

 

 

毒贄クッキング

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

毒贄クッキング

コミックシーモアで「どくにえクッキング」をコピペして検索!

 

 

Ciao( ¯ω¯ )♪