マンガ「恋のツキ」5巻をスマホで無料で読んだ感想。



 

恋のツキ

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

恋のツキ

コミックシーモアで「恋のツキ」をコピペして検索!

 

 

 

コミックシーモアとは、今話題のスマホやPCで漫画が登録しなくても無料試し読みができる公式電子書籍サイトです。

色々な公式電子書籍サイトがありますが、新作がでるのが早いし、

取り扱っているタイトルが多めコミックシーモアを篠太郎はオススメしてます。( ¯ω¯ )

 

コミックシーモアで無料試し読みする方法

 

※赤枠内に見たい作品のタイトル or 作者名を入力後、虫眼鏡マークを押してください。

 

 

これだけで安全に、コミックシーモアで無料で立ち読みができちゃいます。

漫画村や無料アップサイト、ドロップブックス、zip等無料で読めるとかありますが、

あそこで読んでしまうと知らぬ間にスマホの情報が抜き取られたり、

パソコンがウイルスに侵される可能性があります。

実際、僕の知り合いはウイルス除去のために15,000円以上の修理代を出さないといけないケースに陥りました。

ウイルスだけならいいのですが、スマホやパソコンの中にある、

大事なデータが流出してしまったりする可能性もあるので注意が必要です。

 

 

コミックシーモアの登録方法

 

手軽に登録できちゃう、コミックシーモア。スマホでの登録のやり方を書いていきます!

まずは、コミックシーモアにアクセスしてください。

 

 

会員登録のボタンをクリック

 

 

 

メールアドレスで登録を行う

 

 

※会員登録は無料ですので、安心してください。

 

 

登録したメールアドレスに送信される「コミックシーモア登録案内メール」を確認

 

メールアドレスを入力して「登録用メールを受信」をクリックしたら、

その登録したメールアドレスに「コミックシーモア登録案内メール」というメールが届きます。

 

 

そのメールに記載されているリンクをクリックしてください。

 

 

個人情報の入力

 

 

生年月日、性別、パスワード、ニックネームを入力してください。

最後に改めて個人情報を確認して、会員登録は完了です。

 

 

読みたい漫画だけ、クーポンを使ってお得に購入をしよう!

 

 

 

コミックシーモアでは、新規登録をした場合、すぐに50%OFFクーポンがもらえますので、実質すべての本が半額で購入できます。

さらに定期的に、お得な一冊分全額返金や50%OFFクーポンも配信されるので、

この特典をうまく活用して、お好きなマンガをぜひ読んでくださいね。

>>コミックシーモアはこちら

 

感想とネタバレ

 

恋のツキ

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

恋のツキ

コミックシーモアで「恋のツキ」をコピペして検索!

 

 

 

高校で気の合う友達ができ、どんどん世界が広がっていくイコ。

 

一方、ワコはイコと一緒にいられることを最優先して選んだ派遣の仕事先で話し相手もおらず、

 

会社と家の往復を繰り返す日々。

 

好きな人が毎日楽しく輝いているのは恋人としてうれしい…はずなのに、

 

なぜかやりきれない気持ちになってしまうワコ。

 

せっかくふうくんと別れて、イコと付き合えることになったのに、

 

心が晴れないワコの前に偶然、元カレ・土屋が現れて…。

 

 

 

恋のツキ

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

恋のツキ

コミックシーモアで「恋のツキ」をコピペして検索!

 

 

 

一見何にも考えずに自分の好きなことだけしているワコちゃんですが、

 

友人がそろそろ結婚した方がいいのでは?子供も考える年だよとうながす言い方をした時、

 

またへらっとですよねと相槌を打ちながら、「当たり前のこと」と理解しているワコちゃんは、

 

人が思うよりずっと現実的に生きているのかもしれない。

 

女は30過ぎたら結婚と出産を考えなきゃとか

 

当たり前ってちゃんと人一倍思っているコなのかもしれない。と安心しつつ、

 

そうわかっているのに、今の状況を選んでいるのなら、

 

このワコちゃんはなかなかのロマンチストというか夢見がちの夢子ちゃんというか、

 

地に足がついていないというか、地に足を付けたくない子なのかなとも思います。

 

 

 

恋のツキ

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

恋のツキ

コミックシーモアで「恋のツキ」をコピペして検索!

 

 

 

そして相変わらずやはりイエスマンなワコちゃんがいて、

 

友達がギョーザおいしそーとふと言った言葉を、じゃあお昼はここにしましょうと言ったり。

 

そりゃ友達だってワコちゃん無理して合わせてない?と疑いたくもなります。

 

えー私リサさんといるの超ラクチンですよとほほ笑むワコちゃんの顔が

 

どこかうさんくさいと思ってしまうのは僕だけでしょうか。

 

じゃあワコちゃんが決めてという友人のパスに、はい!じゃあ餃子でという

 

ワコちゃんにはなんにも返す言葉もないという友人の気持ちが痛いほどわかります。(^^;)

 

 

コミックシーモアは、登録してなくても安全に無料立ち読みできるので読んでみてください♪

 

 

恋のツキ

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

恋のツキ

コミックシーモアで「恋のツキ」をコピペして検索!

 

 

Ciao( ¯ω¯ )♪