マンガ「文学処女」1巻~最新刊をスマホで無料で読んだ感想。



 

文学処女

▼ 文字クリックでebookjapanに飛びます ▼

文学処女

ebookjapanで「文学処女」をコピペして検索!

 

 

 

ebookjapanとは、今話題のスマホやPCで漫画が登録しなくても無料試し読みができる公式電子書籍サイトです。

色々な公式電子書籍サイトがありますが、新作がでるのが早いし、

取り扱っているタイトルが多めebookjapanを篠太郎はオススメしてます。( ¯ω¯ )

 

ebookjapanで無料試し読みする方法

 

※赤枠内に見たい作品のタイトル or 作者名を入力後、虫眼鏡マークを押してください。

 

 

これだけで安全に、ebookjapanで無料で立ち読みができちゃいます。

漫画村や無料アップサイト、ドロップブックス、zip等無料で読めるとかありますが、

あそこで読んでしまうと知らぬ間にスマホの情報が抜き取られたり、

パソコンがウイルスに侵される可能性があります。

実際、僕の知り合いはウイルス除去のために15,000円以上の修理代を出さないといけないケースに陥りました。

ウイルスだけならいいのですが、スマホやパソコンの中にある、

大事なデータが流出してしまったりする可能性もあるので注意が必要です。

 

 

ebookjapanの登録方法

 

手軽に登録できちゃう、ebookjapan。スマホでの登録のやり方を書いていきます!

まずは、ebookjapanにアクセスしてください。 
 
 すでに会員の方はこちらからebookjapanへ>>

 

 

会員登録のボタンをクリック

 

 

 

メールアドレスで登録を行う

 

 

※会員登録は無料ですので、安心してください。

 

 

登録したメールアドレスに送信される「ebookjapan登録案内メール」を確認

 

メールアドレスを入力して「登録用メールを受信」をクリックしたら、

その登録したメールアドレスに「ebookjapan登録案内メール」というメールが届きます。

 

 

そのメールに記載されているリンクをクリックしてください。

 

 

個人情報の入力

 

 

生年月日、性別、パスワード、ニックネームを入力してください。

最後に改めて個人情報を確認して、会員登録は完了です。

 

 

読みたい漫画だけ、クーポンを使ってお得に購入をしよう!

 

 

 

ebookjapanでは、新規登録をした場合、すぐに50%OFFクーポンがもらえますので、実質すべての本が半額で購入できます。

さらに定期的に、お得な一冊分全額返金や50%OFFクーポンも配信されるので、

この特典をうまく活用して、お好きなマンガをぜひ読んでくださいね。

>>ebookjapanはこちら

 

感想

 

文学処女

▼ 文字クリックでebookjapanに飛びます ▼

文学処女

ebookjapanで「文学処女」をコピペして検索!

 

「私は加賀屋先生にとってなんなのか」

 

担当としても、女としても思い悩む鹿子。

 

取材の仕事でやっと加賀屋に会えたものの、そこで衝撃の事実を聞いてしまう。

 

鹿子に過去を知られてしまった加賀屋は-加賀屋のベールが脱がされる、恋と悲哀の第4集。

 

 

文学処女

▼ 文字クリックでebookjapanに飛びます ▼

文学処女

ebookjapanで「文学処女」をコピペして検索!

 

 

 

「文学処女」は恋愛経験が全くない主人公の鹿子が、

 

イケメンで女癖の悪いミステリー作家・加賀屋の担当編集者になったことから

 

この漫画のストーリーは始まります。

 

オクテで真面目な鹿子は、加賀屋と仕事だけではなく

 

もっと距離を縮めたいと思っても空回りばかりでうまくいきません。

 

その上恋愛経験豊富な加賀屋にいつも軽くあしらわれドギマギさせられています。

 

クールで余裕のある態度を崩さない加賀屋ですが、

 

時折優しい表情や寂しそうな表情を見せたりして、

 

その意外な一面に鹿子はさらに惹かれて行くのでした。

 

 

文学処女

▼ 文字クリックでebookjapanに飛びます ▼

文学処女

ebookjapanで「文学処女」をコピペして検索!

 

 

クールで大人な男性にドキドキキュンキュンさせられる、

 

少女漫画ファンなら誰もが好きな設定と展開が「文学処女」にはあります。

 

鹿子の不器用だけれどピュアで一生懸命な恋はつい応援したくなってしまうもの。

 

自分の初めて恋や年上男性との恋の思い出を思い返しながら楽しめる作品だと思います。

 

数々の女生徒恋を楽しんで来た加賀屋でしたが、実は心に忘れられない女性がおり、

 

彼はそのことに傷ついていたのです。

 

「文学処女」は、ebookjapanでは現在4巻まで配信されています。

 

加賀屋が心の傷と彼女の面影を克服し、鹿子との関係を深めていくことができるのか、

 

鹿子の思いは届くのか、これからの展開が見逃せません。(^^)

 

 

ebookjapanは、登録してなくても安全に無料立ち読みできるので読んでみてください♪

 

 

文学処女

▼ 文字クリックでebookjapanに飛びます ▼

文学処女

ebookjapanで「文学処女」をコピペして検索!

 

 

Ciao( ¯ω¯ )♪

 

 

DMM.com