【スクールカースト!?3日前に亡くなってる女の子からクラス全員宛に遺書が…。忍び寄る悪意の足音…!】陽東太郎(みなみとうたろう)先生のマンガ「遺書、公開。」をスマホで無料で読んだ感想。



 

こんばんは。篠太郎です(╹◡╹)♪

スクールカーストって…。そんな制度あったら、日本で批判殺到されそうですね。

それに、絶対評価になって、学力の順位も枠制ではなくなってるので、

順位をわざわざ故事しなくてもいい気はしますが…。

 

 

 

 

クラスで人気者の1位の女の子が学校のトイレで首吊り自殺。

容姿端麗、勉強もでき、スポーツ万能、おまけに性格も優しくて非の打ち所がない。

 

社交性のある誰からも好かれる子が突然の自殺。

 

 

原因は何なのか。

 

告別式の後、学校の教室でクラスの全員の机の上に遺書が置かれています。

宛先は、もちろんクラスで人気者の1位の女の子から。

でも彼女は3日前に亡くなってるのに、誰が置いたのか…!?

当然クラスの皆はざわつきます。

 

「遺書」の内容は一人一人異なっており、

遺書を公開すれば 原因は解るんじゃ無いかと言う提案からHRで全員分を公開することになります。

 

明るみになるクラスの不協和音、

遺書を紐解くと悪意の足音が聞こえてくるゾクゾク感。

 

 

寒気がします。

 

でも次の展開が気になるので、読むペースが止まりません!

 

 

コミックシーモアは、登録してなくても安全に無料立ち読みが可能なのでまずは読んでみてください♪

 

⇒『遺書、公開。』を読む

※遺書、公開。で検索!

 

 

 

 

Ciao(╹◡╹)♪