【99.9%有罪!痴漢をされた女性が犯人を間違えてしまう場合でも、無実なのに一人の男性の人生を陥れることができてしまう…!】楠木あると先生のマンガ「冤罪(えんざい)」をスマホで無料で読んだ感想。



 

こんばんは。篠太郎です(╹◡╹)♪

痴漢をしてないのに、このひと痴漢です!

突然、大声で叫ばれたらびっくりしますよね…。

そして身に覚えのない容疑で、駅員たちに羽交い締めにされてしまう。

…実際にあるんです。男性にぜひ見て欲しいオススメのマンガです。

 

 

 

 

この国では痴漢容疑がかかれば、99.9%有罪。

そう、「この人痴漢です!」のたった一言で一人の男を陥れる事が出来るのです。

実行犯なら問題ないですが、

実際に痴漢行為をしていないのに容疑をかけられたらたまったもんじゃありませんよね。

 

 

痴漢冤罪には、本当に痴漢被害を受けた女性が、犯人を間違えてしまう場合と、

お金目的で女性が痴漢被害をでっちあげる場合があると考えます。

 

僕はこの本は、男性と女性で見方が大きく変わるものだと思います。

色んな議論をしてみたくなる一冊を、どうぞ手に取ってみて下さい。

 

 

コミックシーモアは、登録してなくても安全に無料立ち読みが可能なのでまずは読んでみてください♪

 

⇒『冤罪(えんざい)』を読む

※冤罪(えんざい)で検索!

 

 

 

 

Ciao(╹◡╹)♪