【表紙の完成度高くない!?そして作中のカケアミ、グラデーション超きれい!】久米田康治先生のマンガ「スタジオパルプ」をスマホで読んだ感想。



 

こんにちは。篠太郎です( ¯ω¯ )♪

B級スターたちによるスターシステム。

かつ改はあまり知らないので、よく分からないけれど、

かつ改のキャラがメインになってるのは分かるので、本当に実質のかつ改2??あほらしさが懐かしいです。

 

 

 

『かってに改蔵』『さよなら絶望先生』のキャラクターが

スターシステムでマンガ役者として勢ぞろい!といった内容です。

 

 

ただし早々に改蔵キャラがメインで絶望先生の女生徒がゲストという形になり、

少なくとも本巻は事実上の「改蔵2」といった印象。

 

個人的にはこの路線は正解だと感じており、

 

久米田ギャグ洗練の極みといえる『かくしごと』との対比を考えると、

改蔵の野性味がちょうどよく、ほどよく懐かしさも味わえます。

小ネタが結構、楽しかったので繰り返し読みたいマンガです。

 

コミックシーモアは、登録してなくても安全に無料立ち読みが可能なのでまずは読んでみてください♪

 

⇒『スタジオパルプ』を読む

※スタジオパルプで検索!

 

 

 

 

Ciao( ¯ω¯ )♪