漫画「スミカスミレ」をスマホで無料で読んでみた感想。【60歳のおばあちゃんが高校生に!?味わえなかった青春を今から謳歌する!?】



 

こんにちは。篠太郎です( ¯ω¯ )♪

おばあちゃんって、中身が女性らしい人が本当に多いですよね。

全員が全員じゃないけど、可愛い人が多い気がします。

 

それに加えて、若い+美しい容姿ならそりゃ、男は好きになるさ!笑

 

 

屏風の中に封印された黒猫・黎(レイ)と、家に封印された澄(スミ)は互いに引き合うツインソウルのようです。

君の名は。で流行りましたね。笑

 

60歳の心を持つすみれ。

 

人は誰でも年を取るし人に言えない過去や悩みがあり、皆平等に寿命がある。

 

人間という生き物は、前世からのやり残しを果たすために何回でも生まれ変わるのかもしれませんね。

 

純粋な人ほど絶望も大きく悪に転ずる。

 

黎(レイ)はまさにその象徴で、一見可憐に見えるすみれの方が強い。

 

その澄(スミ)もお葬式後、涙します。

 

 

人はその時どんなに覚悟を決め選択した人生であっても後悔や悲しみが伴うもの。

失敗を繰り返し、成長していく。

 

 

黎(レイ)の言葉ではありませんが、自己犠牲はなかなかできるものではありません。

 

だからこそエゴ(自己愛)を凌駕した人の心の美しさ、清らかさ、純粋さに人は癒され再生される。

 

愛があって初めて生きられる。

黒猫・黎(レイ)の姿は、理想と現実、理性と本能の間で苦悩葛藤する人間そのものです。

 

 

 

 

コミックシーモアは、登録してなくても安全に無料立ち読みが可能なのでまずは読んでみてください♪

 

⇒『スミカスミレ』を読む

※スミカスミレで検索!

 

 

 

 

Ciao( ¯ω¯ )♪