約束のネバーランドを読み始めたら、本をめくる手が止まらなくなりますのでご注意を!スマホで無料で読んだ感想。



 

こんにちは。篠太郎です( ¯ω¯ )♪

 

 

約束のネバーランドのすごいところは

 

子供たちが強い武器を持っているわけでもない超能力を持っているわけでもないのに

 

持ち前の知恵と行動力で困難に立ち向かい課題をクリアしていく点です

 

 

 

最初の山場はエマ達が孤児院を脱出できるかどうかでしたが

 

 

孤児院の子供全員を連れて脱出したいエマと赤ん坊連れでは無茶だと否定するレイ

 

 

 

私も最初赤ちゃん連れは無理だと思うけど主人公はどうにかして全員脱出させるんだろうな予想していました

 

 

ですがエマの出した答えは

 

 

今は赤ちゃんは置いて逃げるけれども逃げた先が安全だと分かったらまた迎えに来るというもので

 

正直これは予想外でした

 

 

でも逃亡叶えられるし時間はかかるけれども最終的には全員脱出叶えられる適切な判断だなと思いました

 

 

 

読んでいてこの話の主人公が11歳であることを忘れてしまいそうでした

 

 

現在は孤児院を逃亡して鬼たちと戦っています

 

 

 

いかに少ない人数で勝つかいかに少ない武器で勝利するかどんな戦い方をしたら相手をひれ伏すことができるのか

 

 

 

そんなことを中心にバトルが続いていきます

 

 

 

 

一般的に戦う漫画と言えば強い技を出した方が勝ちみたいなところがありますが

 

 

この漫画にはそんな必殺技はありません

 

 

 

どのタイミングでどう仕掛けるか心理戦のようでもあります

 

 

 

まだ登場していない他の農園の存在七つのという謎のキーワード

 

エマの友人ノーマンの行方まだまだ回収しなければならない伏線がたくさんありますので

 

 

バトルが落ち着いたらまたこれらの秘密を探るストーリーが始まってほしいなと思います

 

 

 

 

コミックシーモアは、登録してなくても安全に無料立ち読みが可能なのでまずは読んでみてください♪

 

⇒『約束のネバーランド』を読む

※約束のネバーランドで検索!

 

 

 

 

Ciao( ¯ω¯ )♪