【ノーマンは生きている!今後の展開が気になる約束のネバーランド】最新刊9巻を読んでみた感想。



 

こんにちは。篠太郎です(╹◡╹)♪

 

 

最近テレビでも多く紹介されたくさんの芸能人も読んでいるという事でしたので

 

 

約束のネバーランドの人気に拍車がかかってますね♪

 

 

最初は子供達が活躍するだけの単純なお話なんだろうなと思っていましたが全く違いました

 

平和な施設に優しいママがいてたくさんの子供達が幸せそうに暮らしているところから

 

ある事件をきっかけにどんどんサバイバル化していき

 

子供達と大人との推理合戦がはじまるとはまさか思ってもみませんでした

 

 

そして子供達が施設を脱出する作戦を練るのですが

 

成功したかと思えば大どんでん返しで振り出しに戻ったりと

 

ハラハラドキドキの展開がノンストップで繰り広げられますので続きが気になって仕方ない作品のひとつです

 

 

そんな読み応えのあるストーリーももちろんですが登場人物もみんな魅力的です

 

 

その中でも主人公のエマは優しい心を誰よりも持っており

 

施設に残してきた小さな子供達の事をずっと心配しながらこの世界の秘密を探しています

 

 

そして頭も良いし運動神経も抜群で頼りになる存在ですね

 

 

エマ以外では同じ主人公格のレイもかっこよく素敵ですし

 

前半で退場してしまったノーマンがこの先もう本当に出てこないのかもずっと気になっています

 

9巻ではノーマンがウィリアム・ホワイトの弟の実験台として登場するんですが。

 

 

何となくエマはノーマンの事が好きだったんじゃないかと思いますので

 

早く、ノーマンとの感動の再会を期待しています

 

 

コミックシーモアは、登録してなくても安全に無料立ち読みが可能なのでまずは読んでみてください♪

 

⇒『約束のネバーランド』を読む

※約束のネバーランドで検索!

 

 

 

 

Ciao(╹◡╹)♪