漫画「生贄投票」をスマホで無料で読んでみた感想。【クラスメイトが次々ぶっ壊れていく恐怖体験が恐ろしすぎる!】



 

こんにちは。篠太郎です( ¯ω¯ )♪

 

生贄投票」はコミックシーモアで、登録してなくても安全に無料立ち読みできます。

 

早速読んでみたので、感想やネタバレ、あらすじをまとめますね。

 

 

 

衝撃的な表紙を見て、エロい期待を募らせていると、失望するかもしれません。

 

はじめのうちは登場人物がいけにえとして「社会的制裁」を受けるという状況で、

 

 

えげつないビデオの公開や、脅迫されて女の子が体をはるシーンが出てきたりしますが、

 

話全体としては、いじめ問題をオカルト的に掘り下げたような、社会問題的な作品になっています。

 

 

 

話は高校二年生の今治美奈都が「生贄投票」というスマホアプリを手にしたところから始まります。

 

クラス全員が同じアプリを強制インストールされ、

 

そのミッションに翻弄されて傷ついたり傷つけたりします。

 

 

人死にもバンバン出るので、むしろエロよりグロの世界かもしれません。

 

 

 

交通事故で死ぬ女の子あり、手だけ残して電車にひかれる男の子あり。

 

 

そもそも事件の発端が、美奈都が転校してくる前に起こった、もと担任の先生が焼身自殺したことにあるという…。

 

 

 

このすさまじさは原作ありきといえども、

 

漫画担当の江戸川エドガワさんの描画の壮絶さで強化されていると思います。

 

 

 

はじめハンサムでリーダー的だったような生徒が、社会的死や恐怖で物凄く崩れていく。

 

 

 

大人も全く助けてくれません。

 

 

 

関心を持った先生も、面倒だから、自分がさらされたくないからと、見ないふりをしてしまいます。

 

 

人間の弱さを赤裸々に浮き彫りにした、怖おもしろい作品です。

 

 

 

コミックシーモアは、登録してなくても安全に無料立ち読みが可能なのでまずは読んでみてください♪

 

⇒『生贄投票』を読む

※生贄投票で検索!

 

 

 

 

Ciao( ¯ω¯ )♪