【官能的でありとてもエロだけで終わらない美しさ!】漫画「蜜夜婚」を読んだ感想。



 

こんにちは。篠太郎です(╹◡╹)♪

 

官能的な漫画、たまには読み返すのもいいですね!笑

 

 

 

 

蜜夜この漫画は小学館のLALAで連載されている大海とむ大人気の漫画なのですが

 

とても描写も綺麗でエロいです

 

 

主人公のみどりは子供の頃から人には見えない存在が見えてしまい

 

 

それが原因で両親にも気味悪がられて育ちますが

 

 

とある骨とう品の蔵で付喪神と対面しお前は私の嫁になる言われます

 

 

 

そして大人になって付喪神の白銀の嫁御寮になって

 

白銀が負った汚れをはらっていくために日夜交わいという名のセックスをするのですが

 

 

絵が和風で付喪神の白銀ももともと古い時代の神様なので和服を着ていて

 

 

その和服を脱ぎながらの交わいがとてもエロくて

 

 

でもエロさだけじゃなくてそれが美しく描かれているので芸術的であり

 

官能的でありとてもエロだけで終わらない美しさがあります

 

 

白銀が自身の力を使い倒れそうになると

 

 

浄化しましょうかみどりが体を差し出そうとしたりするところもかなりエロいなと思います

 

 

理由が付喪神の浄化という理由なのでセックスがより爽やかに描かれている所も

 

 

そのセックスによってみどりがより魅力的になっていく所も

 

 

芯の強い性格が明るみになるところも実際に精神的にも強くなっていく所も読みどころとなっています

 

 

ただの地味なOLから色気を身に着けて付喪神に愛されるたびに強く美しくなっていく所は

 

 

世の女性たちを引き付ける魅力の一つにもなっていると思います

 

 

 

コミックシーモアは、登録してなくても安全に無料立ち読みが可能なのでまずは読んでみてください♪

 

⇒『蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~』を読む

※蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~で検索!

 

 

 

 

Ciao(╹◡╹)♪