ナガテユカ漫画「ギフト±(プラスマイナス)」の最新刊12巻を読んだ感想。【臓器の描写がグロい。グロすぎる。でも人間は誰でも死は平等…。】



 

こんにちは。篠太郎です( ¯ω¯ )♪

ギフト±(プラスマイナス)の最新刊12巻が出ましたねー。

人気の作品ということでさっそく読んでみました。

 

 

…グロい。グロすぎる。

 

僕、人体解剖とか血を見るだけで無理…。

 

現場では血の匂いとかすごいんだろうな。

 

臓器売買は、絶対にあるでしょうね。。

 

日本でも リアルな展開に釘付けになりますし。

 

行方不明者、未解決事件など数えきれないほどある中、

 

警察は必ず解決してくれるわけではない。

同じ人間なんだし、どうしようもできないことだってあるけど、

職務怠慢とかはやめて欲しいところですね。

 

被害者はずっと生きてる間悲しい思いをしている。

仕事を全うしてほしいです。

 

 

正義なんては、立場や人によって変わるんだし、

警察には信念持って頑張って欲しいですね。。

 

 

コミックシーモアは、登録してなくても安全に無料立ち読みが可能なのでまずは読んでみてください♪

 

⇒『ギフト±(プラスマイナス)』を読む

※ギフト±で検索!

 

 

 

 

Ciao( ¯ω¯ )♪