ダークでエロな部分を描いている民俗学マンガ「村祀り」をスマホで無料で読んでみました。あらすじ感想をまとめて書いてます。



村祀り 感想ネタバレ

 

こんばんは。篠太郎です( ¯ω¯ )♪

村祀り」を無料で読んでみたので、感想やネタバレ、あらすじをまとめます。

コミックシーモアは、登録してなくても安全に無料立ち読みできちゃうのでオススメですよー♪

 

 

民族学的な感じや昔話みたいな内容で引き込まれました。

本当に現在でも、こんな村があるのか・・・とゾッとする怖さは感じました。

 

民俗学マンガといえば、星野之宣先生の「宗像教授伝奇考」を思い出しますね。笑

白鳥伝説や羽衣伝説を星と鉄の神話、に合わせたのは実に興味深いお話でした。

 

村祀りは、エロもあるダークな内容で、日本の田舎の闇は、恐ろしくも引き込まれる黒魔術のような印象が見受けられます。

都会ではあまり感じないのですが、決して昔の話ではなく、今も続いているそうです。

 

主人公がクールでかっこいいんですが、相方の中国人がいいキャラしてて面白いです。

 

 

 

村祀り あらすじ × ストーリー

 

 

“蛇の村に蛇の眼あり”流浪の学者、

三神が異国のブローカーと訪れたのは蛇神を信仰する「忍冬村」。

 

陸の孤島で一週間を過ごすことになった彼らは、世にもおぞましいものを目にする…。

 

『江戸川乱歩異人館』の山口譲司が贈る日本幽村奇譚!!

 

 

村祀り 作品情報

 

 

 

コミックシーモアでなら、いろんな漫画が無料で安全に試し読みできます。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『村祀り』を読む

※村祀りで検索してね!

 

 

Ciao( ¯ω¯ )♪

 

 



作品名 村祀り

著者・作者 山口譲司 木口銀

価格 600pt

掲載雑誌 週刊漫画TIMES

2018年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930