「外道の歌」をスマホで無料で読んでみた!感想あらすじ考察まとめ。完全な悪なのに、善行でもある。罪を犯したら、償うことで許されるのか。ただ償う行為が大事なのか…?あなたはどう考えますか?



外道の歌 感想ネタバレ

 

こんにちは。篠太郎です(╹◡╹)♪

外道の歌」を無料で読んでみたので、感想やネタバレ、あらすじをまとめます。

コミックシーモアは、登録してなくても安全に無料立ち読みできちゃうのでオススメですよー♪

 

 

前作の善悪のから変わりませんが、やってることはほぼ外道なことばかりです。

復讐代行業なので、依頼人から殺人依頼があれば

依頼のため最終的には殺してしまうことも多いのですが、

それもやられた本人と同じような状態での復讐の仕方に色々と方法があって、

キッチリやっている所がすごいと思います。

 

作者もよくそこまで考えれるなぁ、と被害者の側面から感情移入してしまうと

正直幾ら払ってでも殺してしまいたい気持ちはわからなくもない。

実際自分の家族が考えると依頼人の気持ちは伝わります。

実際この話に載っている加害者は基本クズばっかりなので、

これぐらいやったほうがいいとは思ってしまいます。

ただ所詮漫画であるため、

東京都青少年の健全な育成に関する条例に基づく不健全図書に指定されたことに関しては、

そこまで現実とつくり話の区別がつかない人がいるかなと思います。

 

このように指定されることによって

逆に模倣するものがあらわれるのではないかと考えてしまい、

読めば読むほど実際の社会における罪とか、懲役とか死刑はなんだろうなと考えます。

 

生きて罪を償えはキレイごとではないかとも思うし、

償うことが大事、という気持ちもあると思います。

個人的には生きて罪をつぐなうということはあまり賛同できないところもありますが…。

 

とまぁこんな具合に、罪とは何だろうと考えさせられるお話でした。

色んな漫画を読んでると、作家によって世界観や見せ方、絵柄など、

 

異なる世界観を毎回味わえるのですごいよな、と感心させられます。

ランキング上位にくるだけはある漫画なので、ぜひ読んでみてください♪

 

外道の歌 あらすじ × ストーリー

 

 

書店も電子書籍も超話題の売れ筋コミック「善悪の屑」の第2部!

 

法で裁けない屑には屑による直接制裁を!

復讐代行人の一人「カモ」の過去が遂に明らかに!?

 

残酷でも読み終えた後にスッキリする

本当の「正義」の意味を問う問題作!

 

 

外道の歌 作品情報

 

 

 

コミックシーモアでなら、いろんな漫画が無料で安全に試し読みできます。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『外道の歌』を読む

※外道の歌で検索してね!

 

 

Ciao(╹◡╹)♪

 

 



作品名 外道の歌

著者・作者 渡邊ダイスケ

価格 500pt

掲載雑誌 ヤングキング

2018年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930