黒伯爵は星を愛でる1巻をスマホで読んでみたネタバレ感想【人の生き血を吸って人間を殺す吸血鬼(ヴァンパイア)をハンターが退治!恋愛要素盛りだくさんでシンデレラストーリーなお話です♪】

黒伯爵は星を愛でる




こんばんは。篠太郎です。

本日はランキング上位に上がってきていた

黒伯爵は星を愛でる」の感想を書きます。

黒伯爵は星を愛でる

イギリスが舞台、下町育ちの花売りの少女で訛りがある。

といったら、映画のマイフェアレディを思い浮かべました。

あのオードリー・ヘップバーンがでていた名作、シンデレラストーリーですね。

(僕の好きな映画の5位には絶対に入るほど好きな映画です♪)

 

この「黒伯爵は星を愛でる」は、吸血鬼(ヴァンパイア)が盛り込まれてるので、

人を襲う吸血鬼(ヴァンパイア)を、吸血鬼(ヴァンパイア)ハンターが殺すお話です。

吸血鬼は普段、人に紛れて生活しており、なかなか見分けがつかない。

しかし、吸血鬼と人間のハーフ種族「ダンピール」は、吸血鬼を見破れる能力を持っているそう。

 

主人公の下町育ちの女の子エスターは、ダンピールで、

伝統ある吸血鬼(ヴァンパイア)ハンター一族のウィンターソン家に嫁ぎます。

そのウィンターソン家のレオンは、王子様だし、

少女漫画なので、恋愛要素も含まれており、学生の女の子がいかにも好きそうな漫画でした。

 

僕的には、もちっとアクションシーンに迫力がほしかったです笑

淡々と腕切って終わりとか、ぎゃああああで終わるのでなんかあっけないという。笑

設定はなかなか面白いなーと思ったので、良かったら読んでください♪

———————————————————————

読んでみたいと思った方、

まんが王国でなら無料で試し読みができますよ♪

まんが王国はこちら>>

黒伯爵は星を愛でる」で検索してね!

———————————————————————

それではまた(^^)♪