おくることば 1話「終わりと始まり」感想 ネタバレ 考察【鳥肌立った…!!!!交通事故は幽霊の仕業なんかじゃない!あの女が…!!】

おくることば




こんばんは。篠太郎です。

…鳥肌たちました。もちろん、

「おくることば」を読んでです…。(  Д ) ゚

おくることば


…目を黒く塗りつぶす描写、


超怖いですね…!(  Д ) ゚ ゚


「シリウス」で連載される漫画ってちょっと暗い系多くないですか…?笑

僕の気のせい?笑

簡単に話の説明をすると、



ここの横断歩道では、女の子の幽霊が頻繁にでて、


それを見た人は交通事故死する。

そうゆう都市伝説がある地域でのお話です。

主人公「佐原」は、幼馴染?の女の子「千秋」と下校途中、

例の幽霊のでる横断歩道で「女の子」を見てしまいました。

そして「佐原」は交通事故により、帰らぬ人となってしまいます。


(大型トラックの衝突事故です。当然バラバラで、血の海…(  Д ) ゚ ゚)

しかし!!!!!!


実は幽霊の仕業じゃなかった…!!!!!

なんと、「千秋」「佐原」の背中を


押していたのです…!!!!(  Д ) ゚ ゚怖!


死んで幽霊になった「佐原」は、都市伝説の幽霊の女の子に出会い、

その子も「千秋」に背中を押されていたことを知ります。(  Д ) ゚ ゚怖w

そして、「千秋」の表情が超怖いんです。。。

最初、超かわいい美女と認識してただけにww

なぜ「千秋」「佐原」「女の子」を殺したのか!?

夜ではなく、日中に読むことをオススメします!(  Д ) ゚ ゚

—————————————————————–

まんが王国で無料で試し読みできるので、

よかったら読んでみてください☆

※「おくることば」で検索してね!

—————————————————————–

それではまた(  Д ) ゚ ゚