Helck(ヘルク)1話 勇者ヘルク 感想ネタバレ考察【人間の勇者が魔王を目指す!?おいおいおいおいおいそんなのアリなの!?笑】

ヘルク




こんばんはー!篠太郎です♪

皆様、ファンタジー漫画はお好きですか?\(^o^)/

もし、人間の勇者が、人間を憎んで、魔王を夢見てたらどう思います?笑

「Helck(ヘルク)」

ヘルク

人間の勇者「ヘルク」が魔王を倒して、人間の世界が平和になってから3ヶ月後。

魔界では、次なる魔王の選出バトルが繰り広げられていた。

優勝候補のレベル78の魔物「赤のヴァミリオ」は他の選手の試合を観察していた。

今年はなかなかレベルが高いな、と思っていたところ、

なぜか人間の勇者が参加していることに気付く。

…大会には種族は関係ない。そして、大会の選手登録の条件として、

試合以外では他人や物への攻撃が無効化される、という特殊な契約がなされている。

しかし、人間が魔王になるなんてダメだろ!「赤のヴァミリオ」はツッコミます笑

…まさか!(‘ΦωΦ’)カッ

この契約を結んでいるからこそ

勇者「ヘルク」は逆に自分にも攻撃されないことを利用して、


確実に1体ずつ、魔物せん滅していくつもりなのでは!?

いろいろと「赤のヴァミリオ」は疑いますが、

どうやら本気で勇者「ヘルク」は魔王を目指している!?

…どうなるんだあああああー!!!\(^o^)/

という漫画です。面白いですよー♪

—————————————————————–

読んでみようと思った方!まんが王国でなら

無料で試し読みができますので良かったらどうぞ。

ヘルク」で検索してね!

—————————————————————–

それでは~(´ω`)ノシ