荒ぶる季節の乙女どもよ。1話「003」感想 ネタバレ 考察【…文芸部の女子ってこんなこと考えてたの!?】

荒ぶる季節の乙女どもよ。




こんばんは。篠太郎です。

本日は「荒ぶる季節の乙女どもよ。」ご紹介します。

荒ぶる季節の乙女どもよ。

この漫画を読んで、僕も学生時代を思い出してみました。

確かに学生時代、文芸部っぽい子が集まってニヤニヤしてたかもしれない…笑。

というより僕の担任が国語の女教師で、

「源氏物語」「芥川龍之介」を熱弁していたのを思い出しました!笑。

文学部の顧問してたから、ひょっとしたらこんな感じで部活動してたのか、

と思うと少し笑えてきました!笑

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」は冒頭部分から、

過激な表現です(  Д ) ゚ ゚

10年位前は結構批判があったんですが、

今の少年漫画はだいぶ規制がゆるくなってる気がしますね。

「けいおん!」とかもそうでしたが、

こうゆう女の子の部活の漫画は、ファンがつきやすそうですねー♪

一回読んでみてもいいかもです。

—————————————————————–

まんが王国では無料で試し読みできるので、

よかったら読んでみてください☆

※「荒ぶる季節の乙女どもよ。」で検索してね!

—————————————————————–

それではまたー♪\(^o^)/