魔法使いの嫁 ネタバレ 1話【500万ポンド(約7.4億円)で人身売買!?】

魔法使いの嫁




こんにちは。篠太郎です。

ここ数年ずっとランキング上位にいつづける


「魔法使いの嫁」の感想を書きます♪

魔法使いの嫁

面白いのかずっと気になってたので、読んでみました♪

人身売買のオークションから話は始まります。


「エリアス・エインズワーズ」に500万ポンド(約7.4億円)で買い取られた

日本人の女の子「羽鳥チセ」

…高額買取りすぎません?笑

どんだけ収入があるんだよ!と一人でツッコミました。 \(^o^)/


「エリアス・エインズワーズ」は今どき存在するのも珍しい「魔法使い」

最近は魔法使いの若手不足で、 彼は、弟子&嫁を探しており、

「チセ」を人身売買オークションで購入しました。


「羽鳥チセ」は普通の人間には見えない妖精などが見える特殊な人間。

別名「夜の愛し仔スレイ・ベガ」と呼ばれており、

あらゆるものを引きつけ、捉えることができるらしい。

今の段階では全く意味はわかりません。

絵としては、画面が暗く、文字が多いので、ちょっと読みにくいですが笑

ファンタジーが好きな人は独特の世界観があり、

面白いと思います♪

 

—————————————————————–

実際に読んでみたい方、

まんが王国でなら無料で試し読みができます!

※「魔法使いの嫁」で検索してね!

—————————————————————–

独特な雰囲気の漫画なので、ぜひ読んでみてください♪