約束のネバーランド 18話「覚悟」感想 ネタバレ 考察【やばい!!ついにシスター・クローネに標的がバレた!!!!!】

約束のネバーランド




こんにちは!篠太郎です♪

第18話「覚悟」

本日も感想とネタバレをお送りします☆

「約束のネバーランド」

約束のネバーランド


18話「覚悟」

おおおおおおw


「シスター・クローネ」


やっと出てきたああああー!!!\(^o^)/


またホラーテイストで吹いたw



なんとか「ギルダ」「ドン」「ママ」に見つからずに「秘密の部屋」から脱出。


入り口は2つあったので、「ママ」のいないほうから。



しかし「ママ」に誰か特定はされてないものの、


標的が「秘密の部屋」に入ったことを気づかれます。



すでに出荷された「コニー」たちがすでに亡くなっていることを


知ってしまった「ギルダ」「ドン」



「ドン」は年齢差(5歳)はあるものの、


「コニー」に異性として好意を抱いていた
ので、


自分の非力さと、嘘をつかれていた「ノーマン」たちに


どうしようもない怒りを爆発させ「エマ」のぞく二人を八つ当たりで殴ります。



でも、その後、姉弟たちの「絆」が深まります☆


その点は結果オーライですね!!笑



そして、その会話を「シスター・クローネ」が聞いてしまい…ww


標的の5人がついにバレて…!!


ずってチャンスを待ってたんですね。笑



—————————————————————–

とにかく、2018年のオススメ漫画です!!

読んで損はないですよ!!\(^o^)/

とりあえずまんが王国で無料で試し読みをしてみてください☆

※「約束のネバーランド」で検索してね!

—————————————————————–

やっと「シスター・クローネ」の出番到来でしょうかー?

笑わせてくれるので、暴れてほしいですね☆

それではまた(´ω`)ノシ