約束のネバーランド 7話「頼んだぞ」感想 ネタバレ 考察【発信器の場所がわかった!…でも出荷の時期は刻一刻と近付いている…!!急げ!】

約束のネバーランド1巻




こんにちは、篠太郎です!

第7話「頼んだぞ」も続けて感想書きますー♪

「約束のネバーランド」

約束のネバーランド1巻

7話では、肝心の発振器は「耳」にあることがわかりました。



加えて、「ママ」「大母様グランマ」という人物に


報告する様子が描かれています。

どうやら鬼の支配する世界にも「社会階級」があるようですね。

これだけのシステムが構築されているなら、

そりゃあ、鬼にも「知性」が「人間」みたいに備わっているのでしょうね。

あくまで私の所感ですが、

「人間の脳」を食うことで「人間の知性」が手に入るのでしょうか?

単純な考えすぎますかね?笑

それはさておき、シスター・クローネ」の回想シーン?で

「ママ」の座は枠が少ないということがわかります。

※さらに「シスター・クローネ」「ママ」の座を狙っている…!!!!笑

当然、「ママ」の味方ではないでしょう。

今後、「エマ」たちにどんな影響を与えてくれるのか見どころです♪

しかし、まあこの「シスター・クローネ」

読者にたくさんの情報を教えてくれるキャラですねー。笑

こうゆうキャラは殺されるのが落ちですが…笑

割と僕の好きなキャラなので、しばらくは存在してほしいところですな☆

1巻の収録は、この7話までとなります♪

とりあえず、1巻だけでも読んでみませんかー?笑

絶対、2巻も読もうという気になるので!笑

—————————————————————–

まんが王国なら無料で試し読みができます!

※「約束のネバーランド」で検索してね!

—————————————————————–

それではまた♪